輝きベビー輝きベビーアカデミー e-Learning Portal

講師詳細

【我が子にとって最高の親になる】 そのお手伝いをさせてください☆ 子どもの事で悩むのはそれほど大切だから。心配や不安な気持ちがあって、どうにかしたいから。 子どもの為に出来る事、自分自身の為に出来る事、一緒に見つけていきませんか?あなただけの『子育ての軸』を見つけるサポートします! /長男:「学校行きたくない」発言&自己肯定感低すぎ状態からの劇的な変化☆/次男:発達ゆっくりさん。個性を大切に出来て親子で笑顔☆/三男:0歳から輝きっ子で才能伸ばしまくり☆ /オンライン/千葉在住/小4・小2・1歳の3兄弟

ami  千葉県 オンライン 

♦青森県里帰り生まれ・千葉育ち

♦某ファッション通販サイト勤務。
長男の妊娠を機に退職。

♦2012年生まれ、2015年生まれ、2020年生まれの3人の男の子。

♦元検索魔。元完璧主義。元子ども第一思考。

♦良かれと思って手出し口出し育児をしてしまい、気づいた時には指示待ちの子ども達になっていました。

♦ケンカの度にジャッジマンになっていたら、
何かあると言いつけてくるようになりました。

♦輝きメソッドを学び、すぐに変化が!
親子で笑い、話し合い、相手の事を思いやれる家族関係に☆

♦他人軸から自分軸へ。自分だけの子育ての軸が出来、子育てがより楽しく、より楽になりました☆

インスタグラム
https://www.instagram.com/ami.3boys_kosodate
LINE公式アカウント
https://lin.ee/vYhD1UW

メッセージ

こんにちは。


いきなりですが、
私たちはみんな1人1人違いますよね。
同じ人間は存在しないですものね。


それなのに
「うちの子はまだ喋らない」
「まだ歩かない。同い年の子はもう歩いてるのに。」
「寝返りしないけど大丈夫かな」
「離乳食食べてくれない」
「あの子みたいに走り回って遊んでほしいな」

と、気になったり、心配になったりしてしまいますよね。
私もそうでした。

どうしてそんな風に心配になってしまうのか。


それは「知らないから」です。
知らないところに得た情報が我が子と違うと
「このままで良いのかな?」と
気になってしまうのです。


輝きメソッドには
親の「知りたい」が詰まっています。
「こんな時どうしたら良い?」が詰まっています。


そしてそれを学んでいくうちに
「親自身が自分で考えて答えが出せる」
ようになっていくのです。


「受講前は検索魔だったのに、もう検索なんてしません!」
そう言ってくれる人が沢山いて、私もその1人です。


だっていくら検索してもそこには
「何人かの人に当てはまる内容」が載っているだけであって
「我が子への対応の答え」は載っていないんですもん。


目の前にいる我が子への
ベストな接し方を親が自分で考えられる、
それって最強です。
しかも、一生モノです。


人は基本的にみんな、自分が親からしてもらった子育てを
我が子にします。


だからあなたが学んで実行したら、
孫にもひ孫にも、その子育て方法は伝わっていくのです。
それって凄いことですよね。




私が1番嬉しかった自分の変化は
マインドが変わったことです。


輝きメソッドを知るまでは
我が子に対してキツイ当たりをしてくる子の事を
イヤだな、なるべく関わらないでほしいな
と思ってしまったり、
だんだんと
その子の親に対してもモヤモヤするようになっていました。


しかし、受講後は
「あの子はどうしてあんな事をしたのだろう?」と
考えられるようになり、
責める気持ちがなくなったのです。


我が子に対しても
「私が守ってあげなくちゃ!」と、そればかりだった所から
「この子なら乗り越えられる」と
信じられるようになったのです。


結果的に、気持ちが凄く楽になりました。
そして楽しくなりました。


我が子にとって
最高で最強な親になれる講座になっています。


ここにたどり着いてくださってありがとうございます。
あなたが我が子の事を想い、
アンテナを張ってくださっていたから
今こうして、ここを読んでいただくことが出来ています。
お話出来る日を楽しみにしていますね☆


---------------------------------------------------------------------------------------------

【我が家の話】


1度流産したことをきっかけに、子どもが生まれてくるのは当たり前なんかじゃないと深く感じ
子どもへの思い入れが強くなりました。

子どもの為に出来ることはなんでもしてあげたい、教えてあげなきゃ!と接していたら、結果的に【手出し口出し育児】に。

その弊害に気づいたのは長男が小学生になってから。


◆周りから「育てやすい」と言われていた長男。
初めての子ということもあって、真面目に、
良かれと思って手を出し、口を出し、先回り育児をした結果、
小学生になってからたまに「学校行きたくない」と言うように。
小学2年生の時には「何も自分で決められない子」になってることに気づきました。
宿題をやらなきゃいけないのにできない。自分でいつやるか決められない。
「やらなきゃいけないのにどうして僕はできないの」と泣く。
それが今では自分で「やりたい!楽しい!」ことを見つけ、「学校楽しい!」と毎日元気に通学しています☆


◆いわゆる「手のかかる」次男。と思っていました。
離乳食は食べない。歩くのも発語も遅い。刺激に弱い。すぐ転ぶ。
3歳児健診で視力が弱いこともわかり、弱視治療目的の矯正メガネをかけてます。
活舌の悪さ、・吃音があることから療育センターに通っていた時期もありましたが、数ヶ月に一度たまに行く程度では何も変わりませんでした。
これは頼っていられない。
私自身が知識をつけて関わらなければ、次男の心が折れてしまった時に対応できないかもしれないと感じました。
学んでいくうちに。離乳食を食べなかったことの原因、
歩くのや発語が遅かった原因も、関わり方でカバー出来ていたかもしれない
という事を知り、
「もっと早く知りたかった」と強く思いました。
今では、輝きで発達とコーチングを学び実践したことで、
見るからに自信を持てていて、
しっかりと自分の意志がある逞しいお兄ちゃんになりました☆


◆我が家で初めてのアクティブな三男。
輝きで学んだことを0歳から実践し続けていて、
悩みという悩みは特にないです。
今まで以上に子育てが楽しい。
0歳でもこんなことができるの?!の連続!
成長していくうちに我が強めだなぁと感じることがあったり、
癇癪になりそうな場面でもその前に回避出来たりと、
「学んでいなかったら少し大変だったかもな」と
思う場面が最近増えてきて、
「あの時学んでよかった!」と、受講を決めた自分を
心の中でよく褒めています☆

経歴

講師へ問い合わせ

希望日のリクエストなど講師にお問い合わせがある場合は下記からお問い合わせください。

LINEで問い合わせ

メールで問い合わせ

Copyright© 輝きベビーアカデミー All Rights Reserved.